【個人事業主編】小規模企業共済の勘定科目と仕訳方法

個人事業主の退職金制度&大きな節税対策の小規模企業共済、こちらは「所得控除」なので経費計上はできません。

なので、勘定科目は「事業主貸」を使い、仕訳方法は以下のようになります。

事業主貸 / 普通預金(銀行振込の場合)

また、事業用とプライベート用の銀行口座を分けている人で、プライベート用の口座から引き落としがあった場合は事業とは関係ないので仕訳する必要はありません。

確定申告時の小規模企業共済の書き方

小規模企業共済は確定申告書に記入する欄があるので、そこに控除額を記入して確定申告をします。

小規模企業共済 個人事業主 仕訳

上記の所得から差し引かれる金額の「13 小規模企業共済等掛金控除」ですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です