レンタルサーバー代やドメイン代の勘定科目と仕訳方法はこれ!

アフィリエイターやブロガーの必要経費であるレンタルサーバー代と独自ドメイン代。これらは当然経費なわけですが、勘定科目は基本的に「通信費」で経費計上している人が多いようです。

税理士さんに聞いた時も「レンタルサーバーやドメイン代の勘定科目は通信費で良いですよ」と仰っていました(* ̄ー ̄)v

仕訳方法も簡単で、以下のように記帳すれば問題ありません。

通信費 / 普通預金
or
通信費 / 未払金(クレジットカード決済時)

なお、通信費だけだと携帯代やインターネット回線代も含まれてしまうので、管理しやすいように補助科目を設定することをオススメします( ̄∀ ̄)v

例えば

・携帯代金=携帯代
・インターネット回線代金=インターネット関連
・サーバーやドメイン等代金=ネットビジネス関連

などと通信費の補助科目を分けて設定していくと、決算時に確認しやすくなりますよ!

勘定科目は何でも良い!僕が材料費にしている理由

余談ですが、僕はレンタルサーバー代や独自ドメイン代は材料費にしています。

理由は、最初に材料費で経費計上してしまったこともありますが、通信費というよりはツールやソフトウェア等の材料費と同じくくりかな、と思ったからです。

まあ、このように大した理由ではないですが(笑)、要するに勘定科目なんて大筋を外してなければ大して気にしなくても良い、ということなんだと思います( ̄ー ̄)

実際税理士さんに

「僕サーバー代やドメイン代材料費に計上しちゃってるんですけどまずいですか?」

と聞いた所、

「材料費で統一しちゃってるならそのままで大丈夫ですよ!
個人事業主の方が確定申告に時間をかけるのは非常にもったいないので、少しでも早く終わる方でやってください!」

といった感じの回答を頂いたことがあります。

まあ確かに確定申告に費やす時間って全く売上に貢献してないですからね^^;
税制に則った上で、後はある程度大雑把にやってしまっても良いのかもしれません。

神経質な方はスピードを大事にして確定申告をしていきましょう(* ̄ー ̄)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です