経費って何なの?税金対策になる仕組みを初心者向けに解説します

ネットビジネスの情報収集をしたり実際に始めたりしていると、「経費」という言葉を耳にすると思います。ただ、一般的には経費や税金対策の知識はないので、「結局よ〜わからん・・」と思っている人が多いのではないでしょうか。

僕のメルマガ読者さんに女子大生さん( JD!( ̄ー+ ̄) フフフ謎)がいて、開業届や経費に関して質問を頂いたので、ビジネス経験が少ない人は特に苦手意識もあるでしょうしね。

というわけで、今回は主にアフィリエイトに取り組んでいる方向けに経費と税金対策の仕組みについてシェアしていきます。

(質疑応答をそのまま引用してます)

Q.経費、ということは、売り上げにつながった出費?の分の税金が引かれなくなる、ということであってますか?

いや、税金が引かれなくなるのではなく、所得が下がるから、結果的に税金を減らせる=税金対策(節税対策)、ということですね。

チンプンカンプンですか?笑

例えば、年収1,000万(所得1,000万)のサラリーマンの場合、1,000万円に税金がかかり、税金が引かれた金額から色んな出費を払っていくことになります。

大体サラリーマンの1,000万は実質700万程度と言われています。
(約30%は税金で持って行かれる計算)

が、個人事業主の場合、年収1,000万から経費を引いて、残った金額に税金がかかってくるわけです。

経費が300万円だったとすると、1000万-300万=700万円で、700万円に税金がかかる、ということです。

で、自営業の場合は700万の所得で実質570万円程度の計算になるようなので、

サラリーマン:税金300万
個人事業主:税金130万

なんと170万円も税金に差が(* ̄ー ̄)ニヤリ

しかも、経費の200万円の中にはカフェ代とか、ぶっちゃけプライベートに近いものもあり、サラリーマンの場合は自腹で払っているけど個人事業主は経費(節税)になっているわけです。

※家族の有無等によっても税金は異なります

経費になるから使いすぎるのはダメ!

「経費計上したら支払う税金が減らせる!」
そう聞いて、あなたはどう感じましたか?

僕はアフィリエイトで稼ぎ始めた時、「税金で持って行かれるのはもったいない!だったら経費で使った方がいいじゃん♪」という思考になってしまい、無駄にお金を使いすぎて手元に全然残っていない、というミスをしてしまった経験があります^^;

そうなんです!
経費とはいえ、結局は自分のポケットから支払っているわけですね。

当たり前といえば当たり前のことなんですけど、「節税対策」「経費になる」という言葉に惑わされてしまった典型例です(苦笑)

経費になるからと無駄に贅沢して交際費に使ったり、無駄にカフェに行って作業したり、無駄に商材を購入したりするのは単なる無駄遣いです。

僕の場合は無駄遣いをしなかった方が、税金を払った後に手元に残るお金が多かったようですしね^^;

経費は税金対策として非常に優れた仕組みですが、魔法の裏技ではない、ということは肝に銘じておかないといけませんね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です