知ってた?アフィリエイト報酬の消費税は納税義務があるらしい

2014年に消費税が8%になってから、主要なASP社ではアフィリエイト報酬に消費税が上乗せされて支払われ始めましたよね。

僕は稼げていない頃からアフィリエイトBさんにお世話になっているので、今もメインでアフィリエイトBを使うようにしていますが、アフィリエイトBも消費税を上乗せして報酬を支払ってくれています。

例えば、アフィリ報酬が2,000円の案件の振込額は2,160円ですよね。
1件160円の差ですが、何十件、何百件と成約できるようになると数万円近く差が開いてくるのでバカにできません。

で、僕は消費税はてっきりもらえるものだと思っていたので

消費税8%分がアフィリ報酬に上乗せ!?めっちゃお得じゃん〜( ̄ー+ ̄) キラーン

とか思っていたんですけど、実は勘違いなことが判明しました^^;汗

アフィリ報酬の消費税は納税義務が!?

今年の確定申告時に税理士さんに聞いたところ、消費税は一時的に預かっているだけで、国に返さなきゃいけないそうです∑( ̄ロ ̄|||)なんと!?

ただ、全員がそういうわけではなく、年間売上が1,000万円を超えた場合に限る、とのことです。売上1,000万を超えたら納税義務が発生するからです。

アフィリエイトの場合は確定報酬額が売上になるので、月々の確定報酬が平均約84万円(税込)以上ある人は消費税分のお金は手をつけず、貯金しておくのが良いと思います。

仮に1,000万の売上を上げている場合、単純計算80万円を消費税で支払わないといけないですからね・・。有頂天になって喜んだ後に一気に持って行かれるという、間違いなくテンションが下がる事態になるので頭の片隅に入れておいてください^^;

逆に、月々の確定報酬額が平均約84万円(税込)以下の人は消費税分ももらっちゃって大丈夫なので、こっちに該当する人にとっては「ラッキー♪」って感じですね^^

まあ、アフィリを頑張るからには月7桁プレイヤーを目指している方も多いでしょうから、素直に喜べない人もいるかもしれませんが(苦笑)

※補足:消費税額の正しい計算方法は

受け取った消費税(アフィリ報酬に上乗せされた消費税分)−支払った消費税(経費で払った消費税分)=納税額

なので、売上1,000万円だったとしても消費税納税額は80万円以下になると思います。

消費税納税義務は2年後だけど、準備は早めにしよう!

消費税の納税義務は僕も少し焦りましたが、これはすぐに適用されるわけではなく、売上1,000万を超えた年の2年後から納税義務が適応されます。

例えば、2015年度の売上が1,000万を超えた場合は、2017年度から消費税の納税義務が生じる、というわけですね。

ただ、税理士さんに聞いた所、納税義務が生じる前年(上の例だと2016年のこと)に消費税の計算方法を決めて届出を出さないといけないそうです。

つまり、2年後と言われても、実質1年間くらいの猶予で色々と決めないといけないことが出てくるようです^^;

ちなみに、2017年度の売上が1,000万を超えなかったとしても、売上高に対して消費税を支払わなければならないそうなので、例えば2017年度の売上が500万円でも40万分の消費税で払うことになります。

1,000万超えなければ免除されるわけではないので、誤解しないようにしてくださいね♪

逆に、2017年度が1,000万円以下の場合は、2019年度の消費税の納税義務はなくなります。一度納税義務が生じたらずっと残るわけではないのでご安心ください^^

⇒免税義務を外したいなら法人化も検討すべき理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です